ありがとう

(20.02.02)

最近の悩み、諸々あったのですが、結構な悩みの共通項にテクノロジーが関係しているようにも感じていました。



例えば、オンラインのやりとりで伝えきれないところから、伝えきれない苦しさが生じること。それにはUXなどの要因もあると思うのですが、デジタルの限界もあるのだと思うのです。これまで、色んな物を作ってきた中で、オンラインだけで成立する場合が多く、それで長年やってこれました。ただ、ここ暫くは繊細な話が半端なく増えてしまった影響から、それなりに対話できる環境(デジタルにおいても)を作れる方が私的には幸せで、健康度が高くなりそうに感じています。



私がこれまでに力をもらった(empowermentされた)と思うこと、それがふだんから実行出来るように生きられたら良いと思うのです。一緒に歩めている人たちと共に、これから出会う人たちと共に。



このところ、自宅がやや大変な状態なので、自宅でできることに限界が生じています。



やりとりを集中して行うために、打ち合わせのためのスペースを借りるかどうかや、小さな催しをするのにちょうど良い場所がないかとか、その他色々な物事に関して、今のスタイルから脱却しないと難しいのだろうと思いつつ、過ごしていました。



今日、以前から気になっていた蔵前のスペースにてひとりもくもく会を決行したのですが、しばらくはそうして、土日や祝日のどこかで場を巡りつつ、何かしらをしていると思います。小さな打ち合わせやお茶会もその中で少しずつ出来るかもしれないし、その時その時で幾つかの選択肢が持てるのなら、それが良いかな。



支援していただいたビスケットを、長らくどのように使うか迷っていたのですが、おそらく今回書いたことに使っていきます。応援してくれて、ありがとう。私自身が納得して過ごせる居場所を作ってくれた人々にも、深く感謝をしています。次はどこに行こう。